MENU

契約から1年以上経過して返済実績があるのが望ましい

カードローンの増額に応じてもらうためには、相手があなたのことをきちんと返済してくれる人物と信用してくれるかどうかにかかっているといえます。そのためには、しばらくカードローンを利用して、取引実績を積み重ねることが重要です。中には一度急な出費でカードローンを利用して、そのまま休眠状態にしている人も多いでしょう。このような休眠状態だと、カードローン会社の信頼は高まりません。実績がないからです。
ではカードローンの増額を希望する場合、どのくらいの期間取引実績があると申し込んでみる価値があるでしょうか?新規契約から1~2か月程度で増額の申込みをしても、おそらく断られるでしょう。まだ取引回数も期間が短いことから少ないので、増額に相当するだけの信頼度を高めていないからです。

 

増額に相当するに必要な期間

カードローン会社や皆さんがどれだけの額を借入しているかによって、状況も変わってきます。しかし一般的には、新規契約をしてから半年以上経過していないとなかなか増額の申込みをしても対応してもらえないと思って下さい。理想を言えば、契約をしてから1年以上経過していて、借入額が最初の申込みから変わっていない、もしくは減少しているのであれば信用もそれなりにあります。1年以上にわたって返済実績があるからです。
ただし場合によっては、かなりの短期間で増額に対応してもらえるケースもあります。それは50万円の限度額で審査をパスしているにもかかわらず、10~20万円の限度額で契約している場合です。この場合、急な出費で50万円までの限度額にまで引き上げたいと思っても、すでに審査をクリアしているので増額に対応してもらえる可能性は高いです。ただし勤務先や負債金額などの条件が悪化していないことが前提です。