MENU

カードローン会社によって対応は分かれる

カードローンの利用限度額を引き上げるためには、申し込みをして審査を受ける必要があります。増額するときに審査は、カードローンの初回申込みの審査と基本的には変わらないと思って下さい。では在籍確認なども行うのでしょうか?在籍確認ですが、カードローン会社によって対応は分かれるようです。例えば、申し込みをした段階で会社も変わらずに在籍しているのであれば、わざわざ在籍確認をしないかもしれません。しかし例えば転職をしたなど会社が変わっているのであれば、本当に転職先で仕事をしているかどうか、在籍確認の電話をするカードローン会社もあるかもしれません。

 

在籍確認の電話について

在籍確認と言っても、カードローン会社のスタッフは知り合いや得意先を装って電話を掛けます。ですから、電話をほかの誰かが受け取ったとしてもその人がカードローン会社からの電話であると気づくことはまずないといっていいでしょう。そしてもし仕事の関係で在籍確認の電話がかかってきたときに不在だったとしても、「今席を外しておりますが」のような在籍していることをうかがわせるニュアンスのリアクションをした場合には、それで在籍確認の手続きは完了します。

 

カードローンの増額に対応してもらうためには、相手の信用を高めることが大事です。そのためには、クレジットヒストリーを高めることといわれます。カードローンを使って借り入れをして、期日までに返済をする、この行為を繰り返すことで相手の信用が高まり、増額にも柔軟に対応してくれる可能性が高まります。うっかり返済期日を忘れて1日返済が遅れた場合でも、信用に傷がつき、増額に対応してもらえる可能性がかなり低くなると思って下さい。カードローンを利用するときには、返済期日を忘れないことです。