MENU

返済期日を守って運用しているかを厳しくチェック

カードローンに申し込みをして、審査の結果融資可能となると、利用限度額が設定されます。カードローンをしばらく利用していて、カードローンの利用限度額を引き上げたいのであれば、増枠の申込みをすることで対応してくれるかもしれません。ただしここで注意しないといけないのが、すべても増枠希望に対処してくれるわけではないことです。新規申し込み時と同様で、カードローンの増枠の申込みをすると審査が実施されます。審査結果で問題ないのであれば、増枠してくれる形になります。ではカードローンの増枠の審査で、何がチェックされているのでしょうか?

 

カードローンの増枠の審査でチェックされるポイント

いくつかチェックされるポイントはあります。その中でも重要なのは、利用歴の健全性といわれています。利用歴の健全性といわれるとピンとこないかもしれませんが、簡単に言ってしまうとカードローンを利用して返済期日を守って運用できているかどうかです。カードローンをたびたび利用して、返済期日までに決められた額をカードローン会社に支払い続けていれば増枠に対応してもらえる可能性は高いです。もし返済期日までに返済をしなかった場合、返済し忘れが1度だけでも増枠に対応してもらえないかもしれません。確信犯はもちろんのこと、うっかり忘れてしまったでも信用に傷がつきます。ですから、カードローンを利用した時には、きちんと返済期日を意識してこまめに返済することが大事です。

 

増枠の額によっては、収入を証明する書類の提示を求められることもあります。サラリーマンであれば給与明細や源泉徴収票、自営業者であれば確定申告書や納税証明書のコピーなどを提出しましょう。カードローンは信用で成り立っているサービスなので、借りたお金は返すを忘れるべきではありません。