MENU

増枠に見合うだけの信用力を得ていることが重要

カードローンに申し込みすると、利用限度額が設定されます。利用限度額の範囲内であれば、いつでもATMなどを使って自由に借り入れができます。前回の返済が完了していなくても、利用限度額に余裕があれば、新規の借り入れも可能です。この利用限度額は、申し込みをした個人ごとに設定されます。収入などを加味して、返済能力を判定して利用限度額を設定します。

 

中には、利用限度額を超えるような融資をしたいと思うこともあるかもしれません。もしくは、申し込みをした段階から昇給したので、利用限度額を上げてほしいと思う人もいるかもしれません。カードローンは増枠といって、当初の利用限度額を引き上げて利用することも可能です。では利用限度額を上げるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

カードローンの特徴

カードローンの特徴として、担保も保証人も原則必要なしで借り入れできることが挙げられます。簡単に言ってしまえば、借入する人がきっと返済してくれるだろうという信用力をベースに貸し出しているわけです。ということは、増枠をするには増枠に見合うだけの信用力を得ていることが重要になります。そこでポイントになるのが、きちんとカードローンを利用して期日通りに返済しているかどうかです。

 

クレジットヒストリーといいますが、クレジットヒストリーを積み重ねることで増枠に応じてくれる可能性も高まります。過去にカードローンの利用をして、返済を滞納してしまったら信用に傷がつきます。その時点で増枠を希望しても応じてもらえない可能性が高いと思いましょう。またカードローンを利用していないのでも、増枠は難しいです。クレジットヒストリーがないので、信用力がアップしているわけではないからです。