MENU

土日・祝日の休日にカードローンを申込む方法を徹底解説!

カードローン利用を検討する人の中には、土日・祝日など休日に関係なく借入したい!という声も数多くあります。

 

こうした希望を持っている人の多くは、

  • 平日は忙しいから休日にゆっくり申込みたい
  • カードローンって休日でも審査できるの?
  • 会社が休みで在籍確認の電話をされると困る…

といった悩みや不安、要望を持っていることも。

 

しかしポイントをしっかり押さえることで、上記のような悩みを改善し、休日の即日融資も可能になります!

 

ここでは、休日にカードローンを利用するポイントや注意点を徹底仮設していきましょう。

 

休日でもカードローンの申込みは可能!

カードローンは休日でも申込ができます。多くのカードローン会社はインターネット申込を行っているので、24時間365日対応可能です。

 

休日に利用できる代表的なカードローンは、

 

  • プロミス
  • アイフル
  • モビット
  • アコム

 

など、大手であればネットからいつもで申込可能です。

 

しかし肝心なのは、土日に審査・融資は可能かどうか?ですよね。中には、土日に即日融資したい!という人もいるでしょう。

 

実は申込方法や手順によって、土日の即日融資も可能になります。

 

休日に即日融資を受ける方法

休日に即日融資する方法として、手っ取り早いのは次の手順になります。

 

  1. WEB申込み
  2. 審査
  3. 契約機でカード発行
  4. 利用開始

 

前述したように、大手カードローン会社の多くはネット申込みサービス導入しています。その中には、カード発行が必要ない「WEB完結型」というケースが存在します。

 

同じネット申込みでもWEB完結型を選択すると、土日に融資を受けられないケースがほとんど。基本的にWEB完結型は振込キャッシング対応となるため、銀行の休業日となる土日は対応していません。

 

したがって休日に即時融資する場合は、カード発行してATMキャッシング対応により可能になります。

 

休日のカードローン利用は時間に注目することがポイント!

どうしても休日に申込みして、その日に融資を受けたい!という人は申込時間にも注目しましょう。

 

各カードローン会社の受付・審査時間を過ぎてしまうと、翌日対応のケースになることも。実際に、前述した代表的なカードローンの受付・審査時間を確認していきましょう。

 

受付時間
カードローン会社 契約機 WEB
アコム 9:00~21:00 24時間
プロミス 9:00~22:00
SMBCモビット 8:00~21:00
アイフル 8:00~22:00
審査時間
アコム 9:00~22:00
プロミス
SMBCモビット
アイフル

 

受付時間の表を確認してみると、契約機の営業時間がそれぞれ異なることが分かります。しかし審査時間については、大体どこも変わらないと言えるでしょう。

 

また休日のカードローン審査は混み合っていることも多く、時間がかかることも。審査結果がでる頃には、受付時間を過ぎてしまっている恐れが考えられます。

 

そのため審査時間を考慮して、早めに申し込みをしておくことが大切です。

 

即日キャッシングの例「アコム五反田むじんくんコーナー」

それでは実際の店舗を例に上げて、即日キャッシングの流れを見ていきましょう。

 

アコム五反田むじんくんコーナーにはむじんくんだけではなくATMコーナーもあるので、即日キャッシング向きの店舗となります。

 

むじんくんに向かう前にWEBより申し込みを済ませ、審査を受けましょう。

 

審査通過の連絡が入れば、むじんくんから免許証などの本人確認書類を提出し契約を済ませる。

 

カードを受け取り、併設されているアコムのATMでキャッシングすれば終了です。

 

アコム五反田

 

 

休日のカードローン利用も在籍確認される!その対処法を確認

土日・祝日など、休日のカードローン利用で心配なのは在籍確認の電話。休日は会社も暦通りの休みとなり、在籍確認の電話に出られない!という利用者もいますよね。

 

しかしながら平日・休日関係なく、在籍確認自体を回避することはできません。

 

在籍確認

 

申込者の入力情報に不備がないか確認するため、勤務先に電話をかけて在籍の電話を入れること。申込み時に入力した会社の電話番号に連絡して、確認手続きを取ります。

 

担当者に相談して書類対応にしてもらおう

在籍確認の電話が出られない時は、まず担当者に電話をして「職場が休みで電話がつながらない」ことを説明しましょう。多くカードローン会社では、問い合わせ後に書類対応の在籍確認手続きを取る傾向があります。

 

まずは1度相談をしてみることが大切ですね。

 

そこで注目したいのは、書類対応で必要となる提出物です。電話で在籍確認が行えないため、勤務状況を確認できる「収入証明書」の提出が必須になります。

 

具体的には、

 

  • 源泉徴収票
  • 給与支払明細書
  • 特別徴収税額の通知書
  • 課税証明書
  • 確定申告書

 

など、いずれか1つを本人確認書類と一緒に提出しましょう。

 

休日のカードローン利用をスムーズにするポイント5つ!

ここでは、休日の即日融資をより早く進めるためのポイントをいくつか紹介していきましょう。

 

  1. 本人情報が正確
  2. 他社の借入状況
  3. 信用情報に事故情報がない
  4. 職業と勤続年数
  5. 融資希望額は低めに設定

 

これらのポイントをチェックすることで、審査を長引かせてしまう原因をh回避することもできます。

 

詳しい説明を下記でみていきましょう。

 

本人情報が正確

申込みをするときは、本人確認の情報に不備がないかどうか?しっかりとチェックしましょう。

 

審査をスムーズにするためには、まず正確な情報入力が必須です。申込み時の入力情報に不備あると、審査落ちしてしまうケースもあるので注意しましょう。

 

申込みをするときは、必ず入力情報に間違いがないか?しっかり確認してください。

 

他社の借入状況

他社カードローンで既に借入していると、審査に通りづらくなります。カードローンでは返済能力が重視されるため、他会社での借入状態があると「返済できるお金がない」と判断される可能性も高いです。

 

現在も他社カードローンで借入中の場合は、完済してから新規カードローンの申込みを検討するのがおすすめです。

 

信用情報に事故情報がない

信用情報は、過去のクレジットカードやカードローンなど、田yさでの返済履歴を管理しているものです。カードローン審査は必ず信用情報を確認し、返済能力を判断します。

 

そのため事故情報となる、

 

  • 債務整理
  • クレジットカードの延滞
  • 携帯料金の未払い
  • 他社カードローンの遅延

 

といった履歴が残っていると、審査に通りづらくなる・審査に落ちてしまうことも大いに考えられます。信用情報に問題なければ審査も早く終わるので、不安な人は信用情報を開示し、事前確認をしておきましょう。

 

職業と勤続年数

審査が早くなる傾向として、大企業勤務・公務員など、収入や生活が安定していると判断しやすい職業は有利に働くでしょう。

 

その他にも、勤続年数が長いほどプラスに働きます。

 

一方で転職直後など、1年未満の勤続年数の場合、審査に落ちる可能性が高くなるので注意しましょう。

 

融資希望額は低めに設定

申込みの際に、希望融資額は低めに設定することが大切です。初回利用は返済に関する信頼性も薄いので、いきなりの高額融資は審査を通りづらくする原因になります。

 

また高額キャッシングの場合、審査も慎重になり大幅な時間が必要です。

 

急ぎの融資をするときは少額を希望することで、より審査もスムーズに進める大事なポイントになります。

 

休日のカードローン利用はポイントを押さえることが大事!

いかがでしたでしょうか?

 

休日に突然お金が必要になった!という状況でも、カードローン利用のポイントを押さえることで、即日融資もスムーズになります。

 

最後に、そのポイントを簡単におさらいしていきましょう。

 

  • WEB申込のカード発行手続きが最短!
  • 受付・審査時間を考慮して、早めに申込み
  • 休日の在籍確認は担当者に相談
  • スムーズな借入は申込み内容の正確性が鍵になる

 

上記のポイントをしっかりと押さえて、休日のカードローン利用に活かしてみてくださいね。